ノーゲームデー

北海道教育委員会が、毎月第1・3日曜日にノーゲームデーを設定したという記事を読みました。
いろいろ異を唱えるというか、「余計なお世話だ」という文句を言う人もいるようですが、月にたった2日だけ、2/30日ですよね。
一応日にちの設定はありますが、別にその日必ず!ということではなく、それぞれの都合で設定しても良いと思いますし、ゲーム依存症にならないためにも、私は良いと思いますけれど。
毎日ゲームする方がどうかと思うのは私だけかしら?
母親なら毎日ゲームをしてほしいとは思わないですよね。
私の住んでいる町では、ノーゲーム・ノーテレビデーしています。
設定は、週1~ですし、日にちはそれぞれの家庭に任せられています。
わが家では週2で取り入れています。
こども達が何曜日が良いかを自分たちで決めています。
もし、忘れてしまってゲームやTVを観てしまったら、次の日にスライドです。
ゲームをやり過ぎると、せっかく学習しても身にならないというデータもあるそうですから、ゲームをしない日を作ったり、あまり長時間にならないようにすることが大事かと思います。
「やるな」ではなく、やりすぎないことに注意して楽しむのがいいのではないですかね。
わが家では、TVも全く観ないわけではなく、ニュースなどの情報番組は観ていますよ。
ニュースに関心を持って、どう感じるかを話題にするのも良いと思うし。
TVやゲーム以外の遊びもたくさんありますよね。
ゲームでしか遊べないこどもになって欲しくはないですよね。
いろんな遊びを通して、発想力や手先を器用にすることが出来るし、それが脳にも良いそうですしね。
こうして、教育委員会が決めないといけない状態になっているというのは、やはり学力低下が心配されているからだと思います。
我が町も、同じです。
田舎なので、都会の子のように学習塾に行っている子もあまりいませんし、習い事も少ない方だと思います。
同じ宮城県でも、都市部の仙台市との学力の差も感じています。
こどもなのだから、小さい内はのんびりとたくさん遊ばせてあげたいと思いつつも、やはり高校受験の時には、都市部との子とも競争になるわけですからね、同じラインに立ったときにその差が出るのが困るので、一応それなりの学力が必要だとは思っています。
こどもや学校にだけ任せているようでは、こどもの力を伸ばしきれないような気がします。
親も家庭で見てあげること、応援してあげることが必要だと思います。
ほめたり注意したりして、アドバイスをしてあげると、さらに伸びることは間違いないでしょう。
ゲームを楽しんだり、TVを観て笑ったりすることは、家族団らんの時間を作ることにもなります。
やるなではなく、時間を決めて取り入れるのがいいのではないですかね。
スマホやゲーム、PCやTVからでているブルーライトは、眼精疲労や体内時計を狂わせたりもするそうです。
体内時計が狂うと、いろいろな病気の発生率が高くなるそうです。
目を酷使することで、ストレスもかかるそうなので、気をつけたいですね。

わが家は、今日の火曜と金曜がノーテレビ・ノーゲームデーです。
こども達が決めました。
今日は、何して遊ぶのかな~。
きっと二人で○○ごっこ遊びやレゴブロック、お絵かき、そんなことをして遊ぶのかな~。



[PR]
by future-sky-a | 2015-01-27 09:53 | こども | Comments(0)

日々の暮らしを大事に一歩ずつ歩んでいくan家の記録です。


by an
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る